イベント

Trend Spaces

2018年2月

招待アーティスト for アグリクール

山本彌

1982年生まれ。多摩美術大学 美術学部の生産デザイン学科テキスタイル卒業。山本 彌の描く世界観は、動物のように動くことの困難なキノコや植物が風や動物、火山や水の流れなど、さまざまなものの力を利用し生き抜いていく力の表現から始まる。そのたくましさや柔軟さに畏怖と憧憬を抱き、“生命とは何なのだろうか?”を自身の中で問いながら、羊毛を主とした繊維素材でオブジェやインスタレーションを制作。多数の個展やグループ展などで作品を発表しながらワークショップやイベントにも参加。

プレイタイム東京では、曖昧ながらも密接に混ざり合う関係性を、布と一体化している葉を通して表現。子供服とのコラボレーションにより、脈々と受け継がれる親と子、人と自然の関係性に着目したインスタレーションを披露します。

アグリクールの詳細はこちらから

iyoyamamoto.com

2018年2月

招待アーティスト for リニュー

藤田道子

1980年大阪生まれ。東京造形大学絵画科卒業。身体や自然現象から受ける感覚をもとに、木、絹糸、布、紙、ガラスなどの素材を用い、幾何学形態や規則的要素を取り入れたインスタレーションや立体作品、シルクスクリーンでの作品を創作。様々な個展やグループ展を通し発表を続ける。

リニューのテーマのもと、繊細でシンプルなフォルムから生まれる調和の美しさが引き立つインスタレーションを展開。見る人を形と色の静けさへ誘います。

リニューの詳細はこちらから

www.michiko-fujita.com

2018年2月

招待アーティスト for フロー

東明(ひがし あきら)

1974年広島県生まれ。京都市在住。1998年京都市立芸術大学彫刻専攻卒業。身近な素材を利用し、鑑賞者が関わることで成立する作品を制作する。小学校の空き教室での作品制作、ケニアの一般市民との協働によるプロジェクトなど、様々な方向に活動の場を広げている。近年の主な展覧会に、「クウキであそぶパラフーク!」(個展、アートギャラリーミヤウチ、広島、2017)、「てんとう虫プロジェクト05 NEW HOME」(個展、京都芸術センター、京都、2014)など。他、国立新美術館など各地で子どもや親子向けのワークショップを多数開催。

プレイタイム東京でそのユニークな世界観を披露する東明のインスタレーションをお楽しみください。

フローの詳細はこちらから

www.akirahigashi.com

2017年8月

招待アーティスト for リペア

オルガ ゲラシム

サンクトペテルブルグ工科大学でプロダクトデザインの学士を取得し、サンクトペテルブルグ建築&土木工学カレッジで建築を学んだ後、建築、インテリアデザイン、グラフィックのデザイナーとなる。2008年よりデザイン分野での活動をスタート。2015年に日本に拠点を移し、プロダクトデザイン、イラスト、刺繍アートなど幅広い分野で活躍、様々な展覧会に参加する。
オルガの作品は古いものと新しいものをつなげることから生まれる。伝統装飾などの歴史を調べ、更に異なるクラフトテクニックを用いてより現代風な作品へと生まれ変わらせる。彼女の全ての作品にみられるのは、自身のスタイルであるシンプルなライン表現と、そこからうまれる単純さと複雑さの調和である。

リペアのテーマの元に、伝統とモダニズムのミックス、パッチワークと生地の重なり、そして美しくハンドステッチされた素材を用いたオルガのインスタレーションをお披露目致します。

フローの詳細はこちらから

www.olgaguera.com

2017年8月

招待アーティスト for メイク

山口 三輪

幼い頃より母親の影響で手芸に親しむ。なかでも一本の糸から形づくる編み物に興味を持ち、独学で編み物制作を続ける。2009年より本格的に編み物オブジェ作家として活動を始める。「土の香りのするような」「洗練されすぎていない」「素朴な」をキーワードとして制作。
作品は主に生成り色のまっすぐな糸を使い、素材の色や質感ではなく編んだものの形で表現する。大自然の中にありそうな形、私たちの体の中にありそうな形、ふだん見慣れているけれど不思議な形をテーマとしている。近年は詩人であった父・山口哲夫の故郷、新潟県より出土した縄文式土器の一種、『火焔型土器』の造形と紋様に惹かれ、オブジェ制作にとり入れている。

今シーズンのトレンドスペースのために、山口三輪は編んだり縫ったりするひとの手から作品が無限に生まれ出ていく世界を表現します。

フローの詳細はこちらから

mwymgc.wixsite.com

2017年8月

招待アーティスト for シェア

金谷裕子

ペインティング、コラージュ、アニメーション、インスタレーションなど様々な手法で作品を制作し、展覧会などで発表している。また、ファッションブランド とのコラボレートや、ミュージシャンへのアートワークの提供、アウトドアフェスティバルやショーウィンドーでのインスタレーションの展開、ワークショップの開催など幅広く活動している。 

プレイタイム東京では、金谷裕子がの独創的な世界を皆様にシェアします!何かを始めるときの出発点にある好奇心やワクワクした気持ちにフォーカスしたポップでカラフルなインスタレーションです。 

フローの詳細はこちらから

www.moypup.net

Milk Awards

2018年2月展

毎シーズン、プレイタイム東京ではMilk Japon の編集部が、3つのカテゴリーごとに注目のブランドへミルク賞をお贈りしています。


栄えある賞を手にしたのは...
ファッション部門:Fish & Kids
デコ・デザイン部門:Banwood
エディターズチョイス部門:Pierrot la lune

2017年8月展

毎シーズン、プレイタイム東京ではMilk Japon の編集部が、3つのカテゴリーごとに注目のブランドへミルク賞をお贈りしています。


栄えある賞を手にしたのは...
ファッション部門:Milk & Biscuits
デコ・デザイン部門:Konges Sløjd
エディターズチョイス部門:City goats

More

プレイタイムが輸入のサポートをします

プレイタイム東京にはインポート業務について経験豊かなスタッフがおり、展示会中バイヤーの皆さまのサポートを無料で行います!輸入に関するご質問、また取引を始めたいが言葉が不安などございましたら、出展者カウンターまでお越しください。プレイタイムのスタッフがお手伝いします。

また海外ブランドの商品を輸入したいけど、手順がわからない?そんな時はインポートガイドをご覧ください。